南アフリカランドでFX

通貨ペアのチョイスが鍵!

外国為替取引の面白いところはその通貨ペアの種類。通貨を制するものが為替取引を制する!

南アフリカランド

FXでいまだ人気の南アフリカランド。
2010年に、アフリカでは初の開催となるFIFAワールドカップが南アフリカで行われるので、
ますます盛り上がりの兆しをみせています。

現在経済も良好、さらに高金利が加われば、誰だって注目しないわけにはいきません。
そういうことなら、早速南アフリカランドで勝負したい!という方、どうせなら南アフリカランドに強いFX会社を選びたいものです。

南アフリカランドを扱う会社は案外多くあり、そういう面では苦労はなさそうです。
ただ、気をつけたいのが南アフリカは情報が少なく、市場の規模も大きくありません。

相場に大きな変動はありませんが、大きな動きが出ると為替売買に多大な影響を与えてしまうというリスクがあります。このことをしっかり頭にいれて会社選びをしましょう。

デイトレード派には向かない通貨ですが、長期的に保有してスワップ金利狙いならば、ぜひオススメの通貨です。南アフリカランドのFX会社ならFX@比較ランキング

南アフリカランドのリスク

FX取引で南アフリカランドは、高金利通貨として日本の個人投資家に大変人気を集めています。
当初は、ランド建ての債券が人気でしたが、ここ数年は外為証拠金取引が広まるとともに、スワップ狙いの通貨として一躍脚光を浴びているようです。

人気の通貨ではあるのですが、その分注意しなくてはならないことがあります。
高金利の通貨にありがちなことなのですが、金利の魅力から資金の流入が起こりやすくなっています。

他の言い方をすれば、投機資金のランド買いが膨らみやすいということです。
何かあって一旦ランド安円高になりはじめると、そういったランド買いの巻き戻しで、一機に大幅な円高になりやすいという特徴があります。

ドルやユーロ、ポンドといった主要通貨に比べると、取引高がかなり少ない事も値動きが一方的になりやすい理由です。
南アフリカランドの取引をするときには資金に余裕を持って、リスク・コントロールを心がけてください。

高金利通貨の狙い目

南アフリカとならんで人気が高い高金利通貨に、豪ドル(オーストラリア・ドル)があります。

鉱産物資源が豊富であることから、その資源を活用した輸出国として知られており、
こうした資源が豊富な国が発行する通貨は、『資源国通貨』として人気があります。

スイスフランが『有事の・・・』といわれている一方で、原油高によって米ドルが下落していくのを横目に、豪ドルが上昇という場面にも出くわします。つまり、豪ドルは原油高に強い一面を持つことを示しています。

ただし、流通量の面では市場が大きいとはいえませんので、為替レートはしばし乱高下することにも注意が必要です。この辺は南アフリカランドとにている面でもあります。

為替レート・チャート
Copyright © 2010-2012 南アフリカランドでFX All rights reserved